顧客との関係性を知れるラウンダーの活用法|販売活動へ繋げる為に

男女

会社の顔となる仕事

女性

基礎知識と業務内容

自社の製品やサービスをより多くのお客様に紹介、提供するための仕事としてラウンダーという職種があります。営業関連業務の一つですが、新規の顧客を獲得するためのセールスではなく、既存の顧客である店舗を巡回しながらリサーチを行い、それと同時に継続的に自社製品を販売してもらうための信頼関係を維持する、とても重要な役割を担っています。自分が会社の顔となり、先方と良好なコミュニケーション関係を築かなければならないという原則の元に成り立っている仕事です。ラウンダーという仕事は経験を積めば積むほど営業職に必要不可欠なコミュニケーション能力が養われます。企業にとっても最も重要である利益に直接結びつく仕事であるため、時には厳しい交渉が行われる場合もあります。そんな時に自社の利益を自分の利益として考えることができる、当事者意識を常に持っておかなければなりません。そこで実際にどういった人たちがラウンダーをしているかですが、実は最近では普段は主婦をしているパートの人たちが増えています。企業側が主婦パートの人たちを雇うメリットとして、お客様目線からも仕事ができるという点にあります。商品の説明や補充、陳列の提案や手直しも重要な仕事となるラウンダーにおいては、その店舗で買い物をするお客様のことを理解しなければなりません。そこで普段スーパーや量販店を利用することの多い主婦の人たちを雇うことは、取引先の店舗にとっても売上に直結しやすく、ラウンダーを雇用する企業にとっても大きなメリットとなるのです。

Copyright © 2017 顧客との関係性を知れるラウンダーの活用法|販売活動へ繋げる為に All Rights Reserved.