顧客との関係性を知れるラウンダーの活用法|販売活動へ繋げる為に

男性女性

売上アップに欠かせません

お店

ラウンダーは小売店などの売上アップに貢献する専門スタッフです。売り場を研究し、あるいは、販売企画を実現することなどを主な仕事とします。また、小売店のマンパワー不足を解消できるメリットがあります。したがって、売上アップや人材不足が課題となっているケースでは、導入するメリットが高いと言えるでしょう。

客のニーズを知る調査

ウーマン

店舗などにおいて経営者が顧客のニーズを知るのに最適な方法と言えるのが、覆面調査です。調査員が客を装って店を訪れ、サービスの質や接客マナーなどについて詳細かつ客観的な評価を行います。調査員の多くはパートタイマーなどで、通常の客としての目線を持った人たちが選ばれます。

リサーチ中心の営業

女の人

既存顧客との信頼関係

企業活動は会社の商品をどれだけ販売でっきるかがキーポイントになります。新規顧客の受注も大事なのですが、既存顧客との関係性を良好に保つことも大事なポイントになります。営業職の役割には、新規開拓営業とラウンダーがあります。ラウンダーは、営業関連業務とも解されることが多く、すでに顧客となっている販売店などを定期的に訪問し、良好なコミュニケーションを築くことが求められます。販売店では数ある商品を販売することが仕事です。販売数が拡大すれば売り上げが橋上する仕組みになっているのです。メーカー側も同様でいかに自社製品の販売数を伸ばすかがポイントになります。ラウンダーは販売店の売上を向上させるとともに、自社の製品の販売数も伸ばす役割を持っているため、販売店からも重宝されるのです。販売店からラウンダー設置のリクエストを求められるケースもあります。そのため、会社の顔として営業の中でも重要な位置づけになっているのがラウンダーなのです。販売数を拡大するには地道な努力が必要になります。そのため、営業職の陣配置もラウンダーを中心に構成されるようになっています。もちろん明確な区分けをせずにエリア制などを敷いて、営業職に複数の役割を求めるケースもあります。しかし、新規営業中心になってしまうと既存顧客が蔑ろのなるケースもあるため、ラウンダー専属を準備するなどの改革を行うケースが多くなっているのです。信頼関係の構築に長けている人が向いています。

会社の顔となる仕事

女性

スーパーや量販店などの既存顧客先を巡回し、売り場のメンテナンスや提案を行うラウンダーという仕事があります。最近ではパートの人も増えており、普段様々な場所で買い物をするお客様としての顔も持つ主婦の人は、取引先の店舗にとっても、ラウンダーを雇用する企業にとっても大きなメリットとなります。

Copyright © 2017 顧客との関係性を知れるラウンダーの活用法|販売活動へ繋げる為に All Rights Reserved.